シークワーサーの効果と効能・ポン酢とマーマレードの作り方・花言葉

スポンサードリンク

シークワーサー


初夏の心地よい季節に白い可愛い花を開かせ、爽やかな香りを放ち人や虫たちを呼び寄せるシークワーサーの花。

シークワーサーには、様々な効能があるそうです。そんなシークワーサーの特徴と効果を調べてみたいと思います。どんな効果があるのか?たのしみです(^^♪

シークワーサーの花言葉や英語での表記についてもまとめたいと思います。

しばしの癒しの時間のお手伝いができれば良いな…と思い、可憐なシークワーサーの花の写真を散りばめていますので、どうぞごゆっくりお過ごしください。

シークワーサーとは

シークヮーサー(和名:ヒラミレモン(平実檸檬)
ミカン科の常緑低木、柑橘類です。

沖縄方言で「シー」は「酸い」、「クワス」は「食わし」の意味で、「シークヮーサー」という名称は『酸食わし』という意味です。

芭蕉布を織り上げた際に、そのままでは固い布を未熟なシークヮーサーの果汁で洗浄し、余剰の有機物を酸で溶かして柔らかくする用途に利用されていたことに由来するそうです。

科名:  蜜柑(みかん)科ミカン属、常緑低木
学名: Citrus depressa
   Citrus : ミカン属
   depressa : くぼんだ
Citrus(シトラス)は、レモンの木に対する古い呼び名で、これが属名になりました。

別名: 平実檸檬(ひらみれもん)
別名に「クニブ」といわれ、シークワーサーは9年目に果実がつくことから「九年母」と言われ訛り「クニブ」と言われるようになったとも言われています。

英名: Flat lemon,Hirami lemon,
Thin-skinned flat lemon
原産地: 琉球諸島、台湾

沖縄県特産


沖縄県ではレモンの代わりに果汁を飲み物や料理、醤油に加えるなどして使用しています。しぼり汁を泡盛に加えて楽しむこともあるそうです。

シークワーサーの効果・効能


ダイエット効果や花粉症の改善、風邪の予防、肝機能の改善、がん抑制効果など多岐にわたっています。

【ノビレチン】


シークヮーサーに多く含まれるフラボノイドの一種ノビレチンにはがん抑制効果があるとされており、健康食品として加工され流通しています。

フラボノイドとは、植物に含まれている色素、苦味、辛味成分であり、ポリフェノールのひとつです。 フラボノイドは種類によって特徴や作用が異なりますが、多くが強力な抗酸化作用を持っており、サプリメントなどに広く利用されています。

シークワーサーの最も魅力的な栄養素がこのノビレチンではないかと思います。
ノビレチンには

・血糖値の上昇を抑える。
・血圧の上昇を抑える。
・基礎代謝の活性化。
・脂質代謝の正常化。
・血液中の中性脂肪を分散する。

などの効果が期待されます。

蜜柑に比べると10倍!

他の柑橘類では、果汁で2~12倍果皮の部分では400倍も含んでいるのだそうで、ノビレチンを豊富に含んでいるシークワーサーはダイエットに最適!といわれているのだそうです。

これを知ってしまうと、どうにかして果皮の部分を食したいと思ってしまうのは私だけではありませんよね?

【クエン酸】


クエン酸は、疲労物質を取り除く効果が抜群です。

レモンの約2.2倍
梅干しの約1.6倍
のクエン酸がシークワーサーには含まれているそうです。

【ビタミンP】


ビタミンPって...⁉
ビタミンPとは、ルチン・ヘスペリジン・ケルセチンなどのフラボノイドを総称した呼び名なのそうです。

そして、シークワーサーに含まれているのは、ポリフェノールの1種であるヘスペリジンで、柑橘類特有の苦み成分です。

ポリフェノールは、ほとんどの植物に存在する苦味や色素の成分です。抗酸化作用が強く、活性酸素など有害物質を無害な物質に変える作用があり、生活習慣病の予防に役立ちます。

ヘスペリジンは、老化物質の活性酸素を除去する効果が優れており、よって

・毛細血管を強くする。
・細菌やウイルスから守る。
・血圧の上昇を抑える。
・中性脂肪の分解。
・発がん抑制。
・アレルギーを抑える。

働きがあります。

インフルエンザやノロウイルス、花粉症の予防と症状の軽減や冷え性の改善が期待できるなんて、益々、シークワーサーを摂取できる食事を心がけたくなりますね。

【ビタミンC】


シークワーサーにはビタミンⅭも多く含まれています。

ビタミンⅭは、壊れやすい成分で有名ですが、シークワーサーに含まれるビタミンⅭは、上記に示したポリフェノールの1種である“ヘスペリジン”が含まれているので、ビタミンⅭを安定させるので、ビタミンⅭの効力が減少しません。

ヘスペリジンとビタミンⅭの相乗効果が期待できる果実なのです。疲労回復も効果てきめんですね。

【リモネン】


リモネンは、ファイトケミルの一種です。

ファイトケミカル(phytochemical)とは、植物が紫外線や昆虫など、植物にとって有害なものから体を守るために作りだされた色素や香り、辛味、ネバネバなどの成分のことです。

シークワーサーの皮の部分にリモネンが含まれています。

リモネンの効果効能には、がん細胞の抑制があげられ、乳がんの予防にも期待が高まっているそうです。

また、リモネンは代謝を上げ悪玉コレステロールを減らすことからダイエット効果もあるといわれており、さらには、脱毛の原因の1つである「5-αリラクターゼ」を減らす効果があるといわれているそうです。

脱毛予防効果もあるなんて、シークワーサーは魔法の果実です。私自身も美容と健康のために摂取したくなりました。

〈リモネンの香りの効果〉
リモネンの香りは精神面に作用!
・不安やストレスの軽減
・神経の興奮鎮静
・安眠効果

などがあるそうです。アロマとしても有能なシークワーサーなのですね。

シークワーサーがもつ効果効能を得るためには


シークワーサーがもつ効果効能を得るためには、なんと!
1日22個という数が必要なんだそう…(^-^;
この数は、なかなか難しい量ですね。

sponsored link

少しの量でも、摂らないよりはましと信じて摂取したいと思いますが、簡単に摂取できる方法として、缶入りや瓶入りの果汁、シークヮーサーソーダやシークヮーサー果汁入りの缶チューハイなども販売されています。

製品を選ぶときに大切なことは…

① 国産のシークワーサー果実を使用している。
② 100%果汁である。
③ 皮ごと丸ごと搾ったものである。
④ ストレート果汁であること(濃縮還元でないこと)。

などです。安価なものに惑わされず、体に良いものを選ぶことが大切ですね。

アマゾンprimeでこれは間違いないのでは⁉と思う

国産のシークワーサー果汁を探してみました。

「山原シークヮーサー」


「山原シークヮーサー」は、 100%沖縄県産
山原(やんばる)の大地の恵みをギュッと詰め込みました。
沖縄本島北部の地域の 契約農家のシークヮーサーの果実だけを使っています。
完熟ものと青切りものとの絶妙なブレンドを徹底管理してマイルドな味を保っています。
独自の搾汁技術で皮ごと搾り、 皮の苦味と果肉のさわやかな酸味に果実の栄養成分も 丸ごと絞り出し、健康にも効果が高い製品に仕上がっています。

「沖縄産山原シークワーサー」


琉球しょっぷ「沖縄産山原シークワーサー」
シークワーサーの産地で知られる沖縄県北部の山原(やんばる)産の青切りのみを使用(9月~11月収穫)。

苦味の元となる種を取り除き後味もさっぱり!また果汁の成分が多い皮ごと搾ってあります。
程よい酸味とコクのある甘味にこだわった無添加のシークワーサー果汁100%飲料です。

「沖縄特産販売 青切りシークヮーサー100 プレミアム 720ml」


「沖縄特産販売 青切りシークヮーサー100 プレミアム 720ml」
内容量720ml、長寿の村で知られる沖縄県大宜味村産のシークヮーサーのみを使用した果汁100%ジュースです。
ノビレチンの豊富な皮ごと搾りさらに果皮エキスパウダーまで贅沢に配合。独特のコクと風味が特徴です。
720mlにシークヮーサー果実を302個分使用。栄養成分を余すことなくギュッと詰め込んだ商品です。
砂糖、香料、着色料、保存料不使用の無添加食品。

シークワーサーを使用したレシピ

シークワーサーを使った簡単レシピです。

果汁を使ったポン酢と、とにかく摂取したいシークワーサーの皮を使ったマーマレードのレシピをご紹介します。

シークワーサーポン酢

<材料>
シークワーサー果汁: 50cc
醤油: 50cc
みりん:  50cc
かつお節: 2g〜5g
(顆粒だし適量でも代用可)

<シークワーサーポン酢の作り方>
① シークワーサー果汁は、果実を搾ったものでなくても、スーパーなどで販売しているシークワーサー果汁を使用しても良いです。

② かつお節以外(シークワーサー果汁、醤油、みりん)
を混ぜる。かつお節は上からパラパラと振り入れて自然に浸るのを待ちます。

③ かつお節は取り除いたらできあがりです。
かつお節は取り除いた方が、口当たりがいいですが、一緒に食べてもOKです。

シークヮーサー・マーマレード


酸味の利いた、さわやかで目の覚めるようなシークヮーサー独特の味が楽しめます。

<材料>
シークヮーサー: 200g(8個)
砂糖: 60g(30%)
リキュール: 少々
水:適量

<シークヮーサー・マーマレードの作り方>
① シークヮーサーの実を流水で洗い、横に1/2に切って種を除きます。
果皮に含まれる苦味は他の柑橘類に比べて強くありません。香味を損なわないためには、水で軽く苦味抜きをすれば十分です。
また、ペクチンを大量に含んでいますので、洗い流しすぎないようにします。

② 縦に1/2に切って果皮を剥き、房の白い筋を取り除いて鍋に入れます。(果皮はピールに使います。)

③ 果皮の白い筋を取り除いて、千切りにします。

④ 千切りにした皮を水に入れて揉み洗いし、ザルで水を切ってから新しい水に1時間浸します。
※果皮に含まれる苦味をとるための作業です。苦み抜きの時間は、好みに合わせて調整してください。

⑤ ②の鍋に④の苦み抜きを終えた皮(ピール)と砂糖を入れ、浸た浸たの水を加えて強~中火で煮ます。

⑥ 沸騰したら弱火にし、皮(ピール)に透明感が出るまで煮ます。

⑦とろとろになったら火を止めます。好みで少量のリキュールを加えて混ぜるとできあがりです。

⑧熱湯消毒したガラス瓶にマーマレードを移し、室温で冷ましてから、蓋を閉めます。

⑨冷蔵庫等に貯蔵します。

シークヮーサーの花言葉


「優雅」

実だけでなく、シークワーサーの花は可愛らしく、香
りもとてもよいところは優雅という花言葉がぴったりです。

<初夏に咲く白い花たちについてはこちらからどうぞ>

初夏に咲く白い花の植物 春の暖かな心地よい日差しから、眩しく少し暑さを感じる初夏。木々たちは新緑の葉を開きそよそよと吹く風が気持ちい...

まとめ


“シークワーサーは、皮ごと食べるべし”ということがわかりました。

皮の部分に含まれる「ノビレチン」や「リモネン」を摂取するためには、皮も丸ごと搾ったシークワーサージュースや皮の部分も使用したサプリメントを利用するとよさそうです。

安価な製品にはやはり気を付けた方がよさそうです。せっかく体に良い成分なのですから、安心で安全なものを選んでくださいね。

スポンサードリンク